フェイクガール  作: 玲
戻る  次へ  書庫メニューに戻る

『フェイクガール・フェイク1』 7

7.立つ鳥跡を濁さずというけれど、勃ったら濁りを噴出させてね。

お尻の穴に、柔らかな豚男さんの亀頭の先端が添えられる。熱く、狙いが定まらな
いほど脈動していた。ウンチを出すときのように軽くふんばり、肛門を開いてあげ
る。いままでこぼさないように必死でこらえていたジェルと腸液の混ざった潤滑剤
が、愛液のように溢れだすのがわかる。愛液というより、おあずけ喰らった犬のヨ
ダレかもね。心は、カモン、ウエルカム、ナイスチューミーチュー。

ペニスが強く押しつけられると、表面の柔らかさの内に秘められた鋼鉄の硬さが感
じられた。これぞ本物。これぞ業物。めりめりと肛門をこじ開けられ、豚男さんの
亀頭が僕の中にめりこんでくる。ううううう。くる。くる〜。痒みで充血している
粘膜が、ぞりっと擦りあげられ、頭の中が真っ白になるほどの快感信号を発した。

呻きを漏らしながら、ゆっくりゆっくり、豚男さんは確かめるように挿入してくる。
肛門がめりめりっと口ほどにも拡がり、ついに、ついに、豚男さんの亀頭が侵入を
果たした。ああああああああああああん。なんだろうこの充実感は。過去の交わり
には感じなかったものだ。ペニスの大小ではない。痒みのジェルのせいでもない。

あううううん。でっぱりもへっこみも、なにもかもがぴったりと隙間なく嵌りこん
だみたいな感覚。いいいいい。豚男さんのペニスがさらに奥へと、粘膜の襞を掻き
分けて入ってくる。おおおおおう。僕は感極まって声なく泣き叫んでいた。ずしん、
と豚男のペニスの先端がS字結腸に突き当たった。

そこで豚男さんが腰をひとひねり。うぶう。僕の腸がぐねりと動いて、再びペニス
の突撃を許した。あふあふあふ。ついに豚男さんのペニスが、その全長を僕の直腸
内に埋めこんだ。豚男さんの下腹が僕の尻にめりこむように密着してる。直腸内の
襞のひとつひとつが豚男さんのペニスの熱さを感じ、痒みはスパークして快感に変
わった。

豚男さんは僕の尻から手を離し、ペニスで僕を突き刺したまま、動かすことなく僕
の感触をじっくりと味わっている。感無量なのだろう。僕も感無量ですう〜。僕は
豚男さんのペニスと同化し、豚男さんの巨大な勃起と化して天を突いているような
気分。このままずっとこうしていたいように感じる。

き・も・ち・い・い。

「あああ。ようやく、ひとつになれた。き、君の中は温かくて、柔らかで、き、き
つくて、締まってる、ちょ、直腸がザワザワ蠢いてる。蜜壺だ。素晴らしい道具だ。
僕のペニスが根元まで入ってる。僕にぴったりだ。吸いついてくる。凄い。凄いよ」

豚男さんの手が、後ろから僕の股間に廻された。かちっとスイッチが入る。そのと
たん・・・うぎゃあああああああん。僕はゴム装具の殻の中で、絶叫し仰け反った。
何層にも重なり合い、一体化したはずのゴム装具が、ぎちっと音を立てた。

ペニスが爆発したかのような強烈な快感だった。尿道に挿入されたパイプが振動し、
前後に伸縮し、のたうっていた。尿道粘膜が摩擦熱で燃え上がりそうなほど擦りた
てられた。ペニスの外側では筒具の内側に輪状に埋めこまれたイボ・・・球体が、
前後に高速で転がって、ペニスの肉に溝を刻んでいる。球体の動きはウエーブにな
って、まるでペニスの肉が螺旋状に前へと抉られ、撃ちだされていくように感じる。

低周波がペニスの根元から先端までを蠕動させ揉みほぐす。胎内に押しこめられた
睾丸まで踊り出す。そして亀頭の金属キャップから、電気の火花が亀頭の肉の奥深
くまで刺しこまれる。苦痛であり快楽。すべてがひとつになりペニスに叩きこまれ
る壮絶な刺激の塊だった。

そのうえ痒さに耐えて耐えて粘膜が張り裂けんばかりに鬱血していたんだ。理性も
抑制もなにもかもが吹っ飛んだ。脳のシナプスが100億カ所でスパークしてる。
うがががががががが。頭蓋内を絶叫だけが無限に反響している。ただ吠えていた。
僕は最下等の獣だった。

豚男さんのペニスできつく栓をされているはずの肛門から、ジェルと腸液の混合粘
液がブシュゥっと噴き出した。僕は失禁した。そして僕は射精した。体液の最後の
一滴まで絞りつくして噴流のように射精したはずだったが、その噴出は尿道のパイ
プによって完全に封じこめられたままだった。失禁すらできなかった。精嚢が沸騰
していた。行き場のない精液の溶岩が渦を巻いた。

「おおおお。ち、ち、千切れそうだ。凄い。なんていう、し、し、締めつけだ。て、
手で握られているみたいだ。す、す、吸い込まれる。が、が、我慢できない」

豚男さんが猛烈に腰を使い始めた。内臓がすべて肛門から引きずり出されそうな勢
い。粘膜の襞がすべて反対側にひっくりかえされ、全身が総毛立つほどの快感にな
った。杭打ち機のように豚男さんのペニスが連打され、その度に混合粘液が噴出し
た。僕の内臓は特大のマドラーで掻き乱された快楽のカクテル。

空中に吊られている僕の身体は、ひと突きごとに大きく揺れる。まるで無重力空間
で犯されているみたいだった。快感が物理的な塊となって、僕の全身を無数に貫通
してゆく。血が沸騰した。そして・・・信じられないことが起きた。頭の中か肉体
のどこかで、なにかのヒューズが弾け飛んだような気がしたんだ。そのとたん、僕
は連続で射精していた。

男の生理では考えられない現象だった。豚男さんのピストン運動のひと突きごとに、
絶頂し射精した。なのに、精は漏れない。肛門が焼けた鉄で犯され、ペニスからは
機関銃のように溶岩を発射しているような感覚。息が止まり、心臓がひきつけを起
こした。沸騰する快感のスープの中に、骨まで溶けて悶え死にそうだ。

脳の血管が端から破裂している。快感の、あまりの連続とボルテージの高さに、意
識と身体感覚がばらばらに空中分解した。もう自分が誰でどこでなにをされている
のかさえ、認識できなくなっていた。苦痛も快楽も、感覚も意識も、巨大な溶鉱炉
でごちゃ混ぜに融合し、ひとつになった。お尻の穴に巨大な杭が何百本も打ちこま
れていることだけが事実だった。僕は永遠に登り詰める。射精のない射精が止まら
ない。止まらない。止まらない。神様あああああ。

快感地獄の果て、ついに豚男さんが感極まった。雄叫びをあげ、僕の身体をわしづ
かみにしてボロ人形のように振り回し、自分の下腹に打ち付けた。そして、さっき
射精したばかりとは思えないほど大量の精液を、僕の腸内にぶちまけ始める。

ゴム蛹の中で蕩けた肉体の眼窩から、目玉が腹腔内にまで流れ落ち、腸内の射精場
面をスローモーションで見ているかのようだった。豚男さんのペニスに浮き立つ血
管のうねりも、その瞬間ふた回りも膨張した亀頭の色合いも、精液の温度や粘り具
合さえありありとわかる。僕の妄想かもしれないけれど。

豚男さんが硬直して動きを止めても、僕は射精し続けた。精嚢が第二の心臓になっ
たかのように、のたうち脈動している。長い長い豚男さんの射精。豚男さんの全身
の硬直が解け、脱力してへたりこんだとき、愛しいペニスも抜け出ていった。

肛門がぽっかりと口を開きっぱなしで、豚男さんの精液とジェルと僕の腸液が攪拌
された白濁液を垂れ流しているのがわかる。それでも僕は射精し続けた。ペニスの
器具が動き続けている間、僕は空中で、肉とゴムの振り子として射精し続ける。射
精で時を刻む時計のようだ。たすけてと誰かが叫んでいた。たすけて、たすけて、
たすけて、といいながら射精をやめることができなかった。たすけて。たすけて。
意識がフェードアウトした。

戻る  次へ  書庫メニューに戻る
inserted by FC2 system